鼻水・鼻づまりに特化した風邪薬を成分から徹底比較!2018年2月版

男のヘルスケア

 

 

風邪をひいて、鼻水が止まりません(>_<)

 

 

この時期、インフルエンザや風邪が

流行ってくる時期ですよね。

 

私もそんな中の一人で、

商談中にもかかわらず鼻水が止まらず

持っているハンカチで

さりげなく拭うんですが、

午前中でハンカチはドロドロ状態になり、

使い物にならなくなってしまってね!




明日の仕事に

差支えがあったらダメだと思い、

お昼休みにドラックストアに行って、



店員さんに

「鼻水が止まらないんですけど、よく効く風邪薬はどれですか?」

  って聞いたら


店員「このお薬が結構効きますし、今お買い得ですよ」

って渡された薬が、

聞いた事も無いような

メーカーの風邪薬やったんですが

店員さんを信用して購入し、

その風邪薬を昼と夜2回服用しました。




翌日、鼻水が

止まってたら良いなって思ってたんですが

昨日と同様、鼻水が止まらない状態でした。

(´;ω;`)




今日は10:30から

打ち合わせの予定が入っていたので

それまでにドラックストアに行って、

別の風邪薬を買おうと思い行ってみました。

 

鼻水・鼻づまり風邪薬の種類が多すぎて、どれを買ったらいいの?

[ad]


いざ、ドラックストアに入店すると

ものすごい種類の風邪薬があって、

正直、どの薬が鼻水に効くのか

全く分かりません(´・ω・)




鼻水に効く風邪薬選びに

めっちゃ迷ってるんですが

迷う根拠がないんで、

全然決められません(>_<)




すると、店員さんが声をかけてきて



店員「どうされましたか?風邪ですか?」

って聞いてきたんで



「そうです。鼻水が全然止まらないんです。」

「鼻水によく効く薬教えてください。」

  って言ったら



店員「これ飲まれたことありますか?」

って紹介されたのが

【黄色のベンザブロック】でした。




これは、【綾瀬はるか】がCMしているやつで

聞き覚えがある風邪薬やな~って思ったんで

これを購入し、午前中に服用しました。




服用後、10:30の打ち合わせの段階では

鼻水は全然止まらず、

回復傾向は無かったんですが

12:00過ぎには、

ちょっとマシになった感じが出てきました。

で、

夕食時にもう一度服用して就寝したんですが

翌朝には、

昨日より随分マシになっていたので

効果が実感できる風邪薬なんだなって

思ったんですよ!




そこで、

風邪薬にはどんな違いがあるのかに

興味が湧いてきました。

 

鼻水・鼻づまり風邪薬の違いを成分から比較してみよう(^O^)/

[ad]



風邪薬の成分を調べようと思い

ネット検索すると

ものすごい数・種類の風邪薬があり

全部を網羅するには相当な時間を要する為

今回は、私の偏見ですが

代表的な風邪薬4社をピックアップして、 比較したいと思います。




1、ベンザブロックSプラス
(武田コンシューマーヘルスケア)


【指定第2類医薬品】ベンザブロックS錠 60錠

 

●ヨウ化イソプロパミドとd-クロルフェニラミンマレイン酸塩が、鼻水・鼻づまり・くしゃみを改善します。 ●トラネキサム酸が粘膜の炎症を抑え、のどの痛みを改善します。 ●かぜのときに消耗しやすいリボフラビン(ビタミンB2)と、ビタミンPの一種であるヘスペリジンを配合しています。 ●9種の成分がバランスよくはたらいて、かぜのいろいろな症状を緩和します。 ●のみやすい小型の淡黄色のカプレットタイプの錠剤です。




2、ストナジェルサイナス
(佐藤製薬)


【指定第2類医薬品】ストナジェルサイナス 30カプセル

 

・かぜの鼻水にすぐれた効果をあらわすベラドンナ総アルカロイドを配合したかぜ薬です。 ・アセトアミノフェンの効果で熱をさげ、頭痛などの痛みをやわらげます。 ・のみやすいソフトカプセルで、中味は液状につくられています。




3、エスタックイブNT
(エスエス製薬)


【第(2)類医薬品】 エスタックイブNT(18錠)〔風邪薬〕★セルフメディケーション税制対象商品エスエス製薬

 

・イブプロフェン、ヨウ化イソプロパミド、クロルフェニラミンマレイン酸塩をはじめとする8つの成分を配合した総合かぜ薬です。 ・風邪による不快な鼻水・鼻づまりを抑えるヨウ化イソプロパミドとクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合しています。 抗炎症作用があり、のどの痛みを抑えるイブプロフェンを同時配合し、「鼻水・鼻づまり」と「つらいのどの痛み」によく効きます。 ・持ち運びに便利なPTP包装です。




4、パブロンメディカルN
(大正製薬)


【指定第2類医薬品】パブロンメディカルN 30錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

●はながつらいかぜに ●パブロンメディカルNは、はなの症状がつらいかぜに効果を発揮するSelect処方の大人(15才以上)専用かぜ薬です。 ●塩酸プソイドエフェドリンが鼻粘膜の充血・はれを抑制し、鼻づまりを改善し、 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩がくしゃみ、鼻みず、鼻づまりの症状を抑えます。 ●グリチルリチン酸二カリウムが炎症をおさえて鼻症状を緩和し、L-カルボシステインが気道粘液・粘膜を正常な状態に近づけます。 ●携帯に便利なPTPシート入りの錠剤です。




それぞれの企業で特徴を上げていて

飲みやすさ・持ち運びに便利などあるんですが

あくまで、 今回は成分の違いを検証していこうと思い


下記に成分まとめシートを作ってみました!




上記の表のとおり

各4社の鼻水・鼻づまりに特化した 風邪薬の成分を見ると

各社使っている 成分の違いがあることがわかりました。



黄色に塗りつぶしている箇所が

鼻水・鼻づまりに効果がありそうな成分です!



成分により効果も違うでしょうから

成分量により 効果が大きいとは言い切りれません!

参考程度に、ご判断いただければ幸いです。




医薬品も日進月歩で進化していくでしょうから

このブログでも 定期的に情報発信していければと思います。

男のヘルスケア
スポンサーリンク
シェアする
男のブログ!

コメント