プーケットのタイガーキングダムでトラと写真撮影!2018年1月(4)

プーケット2014年1月

 

 

2014年1月24日 朝 最終日

 

 

何か気持ちイイな~って思ってたら

 

昨日持ち帰ったミキちゃんが

ガチ男の息子をフェラーリしており、

すでに半カチ状態です(;´∀`)

プーケット2014年1月
ガチ男のプーケット・エロ旅行記。香港でのトランジットありの移動時間12時間。マッサージパーラーやカラオケなどで女とのエロ風俗遊びを楽しみながら、自然環境満載の、山林バギー遊びや、野生のトラと写真が取れるタイガーキングダムなどを巡り、帰国便が、ビジネスクラスにランクアップして良かったわ。

 

 

 

寝起き状態での意外なプレーに、

放心状態やけどなんかすごい気持ちイイ!!

 

 

 

しばらくフェラーリしてもらっていると、

息子がカッチカチになっていました。

 

 

 

それを察したミキちゃん!

騎乗位で生挿入、、、( ゚Д゚)

また生スパン開戦です。

 

 

 

やはり、タイ娘の上からのグラインドが

超激しいのがマストで、

パンパンパンパン動いています。

 

 

 

生に慣れたのか、

寝起きやからかわからへんけど、

今は長時間スパンできそうです(^.^)

 

 

 

対面座位→正常位→寝バック→バックと

ガチ男のスパンスキルを

フル発動し正常位にてフィニッシュ。

 

 

 

プーケットに来て、はじめて気持ちの良い

スポーツスパンが出来ました。

 

 

 

すべて、ミキちゃんのおかげです。

(/・ω・)/

 

 

 

時間は10:00になっていて、

ミキちゃんも帰るとのことで

ホテルでバイバイ。

 

 

 

LINEも交換してくれて、

めっちゃええ娘やったんで、

500バーツチップあげました(*^-^*)

 

 

 

LINEでミスコンで優勝した時の写真も頂きました。

 

 

 

お腹が空いたんでホテルのビュッフェで

バイキングスタイルの朝食を食べ

スポンサーリンク

 

 

 

部屋でビールでも飲みながら、

バイクバカの連絡を待ってました。

 

 

 

なんといっても、今日はプーケット最終日!!

夕方の飛行機に乗って

帰らなければいけません(´;ω;`)

 

 

11:30

バイクバカからホテルの内線で連絡、

12:00ぐらいに

シュークリームさんが迎えに来るとのこと。

 

帰り支度を済ましてチェックアウト。

もう少しプーケットに居たいよ~~!!

 

 

 

ホテルの玄関で待っていると、

シュークリームさん登場。

お昼ご飯を食べに行くことになりました。

 

 

 

今日はクイッティアオ

(日本のラーメンみたいなもの)

 

 

 

アロイアロイ。大根がなぜか美味しいで~

 

 

 

お腹も満たしたところで、

シュークリームさんからご提案。

 

「TIGER PICTURE?」、、、

 

トラと一緒に

写真が撮れるところがあるとのこと。

 

 

 

それがここ【タイガーキングダム】

 

 

 

バイクバカは怖いからやめとくとのこと、、、

案外ビビりやな(笑)

 

 

 

トラと一緒に写真撮りました。

スマホ渡したら、係の人が撮影してくれます。

動画も撮ってくれました。

スポンサーリンク

 

 

 

正直、めっちゃ怖いけど、

一生の思い出になりました。

ただ、

今後二度とトラと戯れることはないでしょう

(;´・ω・)

 

 

 

シュークリームさんの車で

プーケット国際空港まで送ってもらいました。

 

いろいろお世話になったので、

3,000バーツずつ気持ちとしてお渡ししました。

 

するとシュークリームさんが

搭乗手続きをしてくれるとのことで

お任せしました。

 

 

 

ただ、窓口でなにやら揉めているようです。

 

30分ぐらい窓口の女性とやり取りをし、

ようやくチェックイン。

 

「何を揉めてたんやろな~」

 

とバイクバカと話して、

いざ飛行機に乗り込むと

 

なんと、

ビジネスクラスになっていました\(^_^)/

 

 

初めてビジネスクラスに乗りましたが、

CAの対応の早さとサービスに驚きました。

 

「これ、香港国際空港までかな?ひょっとしたら関西国際空港までビジネスクラスか?」

 

 

と妄想してたら、

香港→関空はエコノミーでした(-。-)y-゜゜゜

 

 

 

季候も暖かく、タイご飯もアロイで、

また行きたいと思いました。

 

 

 

では、またの旅行記で、、、、、

コメント